新約聖書とタルムードの医学

 

 

 

ヴィルヘルム・エプシュタイン[Wilhelm Ebstein]著 梶田 昭訳

定価 3,780円 [本体価格 3,500円]

 

 

 

 

衛生学者エプシュタインが1903年に著した古典的名著。旧約聖書を継承する新約聖書とタルムードに基づきユダヤ人の医学史を記す。イエスの癒しの中から医学観を科学の眼で読み取り、ユダヤ人医師たちの民俗医学を詳細に記述する。

 

≪目   次≫

 

第一部 新約聖書の医学

 はじめに 

 1 神経系と運動器の病気       

悪霊、または汚れた霊につかれた人――けいれん状態とその治癒/

麻痺の治療/盲人、耳しい、啞者        

 2 皮膚病――らい病       

 3 ヘロデの病気 

 4 水 腫

 5 婦人の性器出血

 6 イスカリオテのユダの病気

 7 片手のなえた人

 8 キリストの血の汗

 9 熱

10 熱と赤痢

11 パウロとまむし 

12 仮 死

13 新約聖書における医学の精神

 
第二部 タルムードの医学
 はじめに――タルムードとは何か      
タルムードの成り立ちと構成/タルムードと医学          
 1 タルムードに見る体の特徴、皮膚の色、体型、生理と解剖    
 2 タルムードにおける発生史    
 3 動物医の領域――解剖、生理、とくに発生と病理     
 4 加齢・長寿法    
 5 死、魂、生き返り(復活)     
 6 健康者と病人に対する食餌、断食    
 7 治療・治療師   
 8 治療法       
迷信と魔法/交感療法/薬について/清潔の維持/温浴とマッサージ/
安息日の治療/患者のお見舞い
 9 病因としての寒冷
10 予後一般について
11 女の性生活 
性の成熟と結婚年齢/妊娠、流産の予防/結婚と生殖/不妊薬/
子供の性別、その他の性質に親から与えられる影響/助産婦、男たちによる助産、産褥
12 新生児の養護  
呼吸障害(窒息)/新生児の栄養/半陰陽
13 熱 病 
14 ペストと疫病
15 消化器   
歯・歯痛・義歯/過食症(病的飢餓)とブリミア、食事中の談話の禁止/腸
16 腹痛とその原因、食事における飲み物の不足、腰痛
17 心臓病 
18 記憶の喪失、精神の荒廃、その他の精神欠陥
19 アルコール中毒
20 クループ(アスハーラー)
21 人間および動物の狂犬病
22 その他の動物毒による汚染
23 泌尿器および男性性器、精液漏出
24 粘液漏と伝染の危険
25 胆 汁 
26 イェラコン――黄疸、それとも貧血か 
27 水 腫(浮腫) 
28 歯肉出血  
29 足の腫れ、ポダグラ(足の痛み)、尿酸性痛風  
30 皮膚病、らい(病)   
31 化粧品について   
32 目とその病気   
33 タルムードの外科    
怪我の治療/割礼/瀉血・吸角・ヒル/その他の手術/帝王切開
むすび
 

〈著者略歴〉

ヴィルヘルム・エプシュタイン Wilhelm Ebstein

1836年 旧ドイツ・シレジア(現ポーランドJawor)に生まれる

1859年 ベルリンで医学を修得

1861年 医師および剖検手としてブレスラウに赴任

1874~1906年 ゲッチングン大学内科教授.内科学(とくに代謝病の分野)のほか,

皮膚科学,衛生学、医学史にも関心を持ち,著作が多い

1912年病没

 

〈訳者略歴〉

梶田 昭(かじた・あきら)

1922年 岐阜市に生まれる

1945年 東京大学医学部卒業

専攻 病理学

東京女子医科大学名誉教授