<最新刊>

止血法の歴史

サミュエル・C・ハーヴィ 著

川満富裕 訳

¥2,500

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

出血との闘いの記録

大量出血で死なないために、古代より戦争、狩猟、労働によるケガ、切断術などの場面で、圧迫法、外用薬、

焼灼(しょうしゃく)法、結紮(けっさつ)法など様々な止血法が試みられてきた

しかし近代までは焼きごてによる残酷な焼灼法が主流であった。結紮法は手技が面倒で糸が化膿を引き

起こしたが、焼灼法は化膿を抑えたからである。

ルネサンス時代に結紮法が復活し、17世紀にターニケットの発明による強力な一時的止血が可能となり

結紮法が普及する。血管解剖の知識、止血機序の解明、鉗子、結紮糸の改良、消毒法の発明により、止血

法が完成するまでを辿る。


<目次>

 

1 止血法のはじまり 

2 血管解剖のはじまり

  1.古代エジプト 2.古代ギリシア 3.ヘレニズム時代

3 古代の切断術と止血法―外科の黄金時代 

4 中世前期の止血法―焼灼 

5 中世後期の止血法 

6 パレと結紮法 

  1.銃創治療の改革 2.切断術の改革 3.17世紀における結紮止血法 4.イギリスにおける結紮止血法

7 ターニケット 

8 18世紀の止血法 

  1.18世紀前半の止血法 2.18世紀末から19世紀初めの止血法

9 止血鉗子 

  1.動脈鉗子の誕生 2.止血鉗子の発展

10.リスターと結紮法 

 1.非吸収性の糸ー絹糸 2.吸収性の糸ー腸線(カットグート)

むすび/訳者あとがき/ 訳注

サミュエル・クーパー『臨床外科事典』第五版より「出血」


<著者略歴>

 

サミュエル・C・ハーヴィ(Samuel Clark Harvey)

1911年 エール大学卒業。病理学、内科学を研修。1914年 ピーター・ベント・ブリガム病院外科。1917年 第一次世界大戦参加。1919年 エール大学外科学助教授。192447年 同教授。以後、腫瘍外科学教授。創傷と熱傷の治癒に関する実験研究で高い評価を受ける。

 

 

<訳者略歴>

 

川満富裕(かわみつ・とみひろ)

1948年 沖縄県に生まれる

1975年 東京医科歯科大学を卒業後、一般外科を経て、小児外科を専攻

1984年 獨協医科大学越谷病院小児外科講師

1998年より終末期医療に従事

2013年 青葉病院院長

現在   三軒茶屋病院勤務