糖尿病と向き合う一筋の道

大森安惠 著

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

今も臨床と研究にいそしむ、米寿(88歳)を迎えたキャリア65年の女医のエッセイ。

糖尿病患者さんの診察をつづけ、国際学会での初のリモート講演にも挑戦する。

 

先日、逝去された小林亜星さんをはじめ、著名人との忘れられない思い出やエピソード、

また数十年にわたる二人三脚の治療で、見事な生き方を示す患者さんたちから教えられたことなど、

いつかは書きたかったことを綴る。

 

家族との葛藤やジェンダー・ギャップを乗り越えて、悲惨であった糖尿病女性の妊娠・出産が

無事にできるよう、ライフワークとして取り組んだ「糖尿病と妊娠」のエキスパートによる、強く温かい思い。


<目 次>

 

はじめに

 

1 患者さんから教えられたこと

 坪井善明先生の場合

 岡村喬夫先生の場合 治療管理と家族の協力

 澤田隆治さんの場合

 杉山元子夫人の思い出

 小林亜星さんを偲んで

 輝かしい受賞者たち リリーインスリン50年賞

 見事な生き方の3人の受賞者 リリーインスリン50年賞

 糖尿病治療は患者さんと医師の共同作業 前田利恵子さんの場合

 

2 尊敬する恩師と同志

 私が師事し薫陶をうけた4人の恩師の名言

 超偉大な吉岡彌生先生

 デス・エデュケーション Death Education

 追悼の記 松岡健平先生の尊い軌跡

 追悼の記 ロイス・ジョバノヴィック博士 Dr.Lois Jovanovic(一九四七~二〇一八)をお偲びして

 

3 私の歩いた一筋の道

 大きなセントローレンス川が流れ白皚皚の美しいモントリオールへの留学

 私の歩いた一筋の道 ー糖尿病と妊娠の分野を開拓

 初めて体験したオンラインによる学会

 グローバル・ジェンダー・ギャップ・インデックス

 何時死んでもいいと思える年になって考えること

 朝顔の花よ、ありがとう

 

4 彼岸花の鎮魂歌

 私の男女平等

 吉野の桜 学・術・道

 美しいもの

 野に咲くベロニカ

 ペンギンパレード

 ペテロの涙

 三つの愛 壊疽、獄中から、脳への転移

 彼岸花の鎮魂歌

 

5 桜の花に寄せて

 桜の花に寄せて

 よみがえる生命 桜と腎の移植

 母は強し

 冴えわたる月の光に

 万里の長城

 夜更けの電話

 ある晴れた日に

 醍醐の桜

 夏つばきの咲く頃に


<著者略歴>

 

 大森安惠(おおもり・やすえ)

1956年 東京女子医科大学卒業。翌年、同大学第二内科入局

1974年 同第二内科助教授。カナダのマクギル大学留学

1975年 同糖尿病センター助教授。1977年にスイスのジュネーヴ大学留学

1981年 同糖尿病センター教授。1991年より同センター所長兼主任教授

1997年 定年退職。名誉教授。

1998年 国際糖尿病・妊娠学会(IADPSG)日本代表、現在に至る

2002年 東日本循環器病院(現・海老名総合病院)糖尿病センター長

 

糖尿病と妊娠に関するわが国のパイオニアで、1985年糖尿病と妊娠に関する研究会設立、

2001年日本糖尿病・妊娠学会に改め理事長となる。

2011年から13年WHOのGDMガイドライン作成委員。

 

〔受賞〕

吉岡弥生賞、坂口賞、サンサム医学研究賞、Distinguished Ambassador Award、ヘルシーソサエティ賞

鈴木万平賞など