感染症・狂犬病の本

本の表紙写真をクリックすると、オンラインショッピングのページに移ります


この1冊で現在の感染症と予防接種がわかる

 

■改訂改題新版■ 

(旧題「海外渡航者のための予防接種と感染症の知識」)

知っておきたい 感染症と予防接種

 

 

―海外に行く前に

 

髙山直秀・菅沼明彦・城 青衣・中山栄一 著

定価2,268円 [本体価格2,100円]

 

定期接種となったB型肝炎ワクチン、国内外での承認・市販ワクチンの最新情報、

ジカ熱、重症急性呼吸器症候群etc.の新たな感染症の追加、流行の風疹などについての最新内容を収載。

 

世界各地の多種多様な感染症が存在し、途上国では毎年多くの人々が犠牲になっています。

海外の感染症は、諸外国との頻繁な行き来や温暖化などの影響で、いまや常に国内への侵入・

流行の可能性があります。

 

 

都立駒込病院のワクチン外来と感染症診療の歴代担当者が、 海外の感染症をとりまく状況と、

予防のためのワクチン接種についての最新知見をまとめた手引書。

 

詳しい目次はこちらをクリック

 

 


人の狂犬病は発病すると治療法のない死の病。知識の有無が生死を分ける!

 

■ 改訂新版■ 

ヒトの狂犬病

 

 

―忘れられた死の病

 

髙山直秀 著

定価2,160円 [本体価格2,000円]

 

日本を含む数ヵ国を除き、世界の大部分の地域で今も発生し、欧米でも年間に数例の発生例があり、世界中で毎年55,000人もの人々が犠牲になっている。

感染経路、診断、咬まれる前と後の発病予防、わが国での根絶への歴史と各国の状況、対策等を、多くの症例を中心にわかりやすく詳述。

狂犬病発生国への渡航機会も増え、さらに狂犬病感染動物の国内への持込みによって国内での発生する危険性も懸念される。

医療・獣医関係者、公衆衛生・行政関係者のみならず、海外渡航者、愛犬家にも正しい知識は不可欠である。

 


<復刻版> 東京狂犬病流行誌

 

 

上木英人著 狂犬病臨床研究会編

■口絵写真14頁■ 定価2,592円(本体価格2,400円)

 

 

 

 

 

後世の狂犬病対策に役立つように、第二次大戦後に発生件数の多かった、東京での狂犬病の流行から終息までの詳細な記録と研究成果をまとめて1968年に発行。狂犬病犬の症状・経過など、現在では入手できない貴重なデータを豊富に収めた一級資料であるため復刻した。狂犬病発生国への渡航機会も増えているが狂犬病のない国は今もまれである。さらにペットブームで狂犬病に感染した動物が持ち込まれ、国内で発生する危険性も懸念される折から関係者には必読の書。 

 

詳しい目次はこちらをクリック