歯科歴史の本


歯科外科医 あるいは歯科概論

<1728年版> 

 

ピエール・フォシャール[Pierre Fauchard] 著 髙山直秀訳

銅板画図版42枚

定価12,960円 [本体価格12,000円]

 

巻頭言中原 泉(日本歯科大学学長)

 

 

幻の名著 フォシャールが遺した唯一の書!

 

1728年にフランスで出版された本書は、それまでは職業上の秘密とされていた歯科治療法

詳細に記述して公開し、それによって歯科の知識が飛躍的に普及した。

職業としての歯科医療が確立するに至った、まさに近代歯科医学の基礎となった書である。

詳しい手術手技や補綴物作製法、医療事故への予防法・対処法、術前の患者への説明、

患者の恐怖心を除去するための配慮、また症例報告は、症状の現病歴、受診時の所見、

治療計画、治療経過と結果を記し、一部の症例では報告した疾病および治療法に関する

考査を述べるなど、形式的にも内容的にも18世紀に書かれたものとは思えぬほど、科学的、

現代的な記述がなされている。

フォシャールの『歯科外科医』は、わが国で1984年に第2版から同訳者の翻訳によって500部

限定で発行されたが、入手困難であった。

ようやく出された本書では、第2版との異同も訳注ですべて解説している。

 

詳しい目次はこちらをクリック

 

 

 


概説 ピエ-ル・フォシャ-ル歯科外科医

 

 

 

 

ベルンハ-ド・W.ワインバ-ガ-[B.W.Weinberger]著  髙山直秀訳

定価3,780円 [本体価格3,500円]

 

 

 

 <近代歯科科学の父>フォシャ-ルについての初の解説書!

 

ピエ-ル・フォシャ-ル(1678-1761)は近代歯科学の父として有名で、その書『歯科外科医』は

世界最初の歯科学教科書であり、当時認知されていた歯科技術をすべて体系的に科学的に

集成し、実践的・理論的に記した実用的な著作として評価が高い。

しかしその業績も人物像もこれまであまり知られていなかった。本書は米国の歯科矯正専門医

として著名で、歯科歴史学の造詣が深い大家、B.ワインバ-ガ-が、1941年に生涯と業績に

ついてまとめた概説書の翻訳。

 

詳しい目次はこちらをクリック