アカデミー論争

 

 

―革命前後のパリを揺がせたナチュラリストたち

 

トビー・アペル [Toby A. Appel] 著 西村顕治訳

定価 5,400円 [本体価格 5,000円]

 

 

 

動物の構造を決めるのは機能か形態か。仏生物学界の積年の対立が1830年に噴出する。ゲーテやバルザックなどの知識人も大衆も巻き込み社会現象となった、キュヴィエとジョフロア世紀の科学大論争を克明に描く。

 

 



≪目   次≫

 

序 章 世紀の対決とその解釈

 

第一章  キュヴィエとジョフロア――新科学に手を携えて――

一七九三年以前のフランスにおける動物学      

王立植物園から自然誌博物館へ      

新進のジョフロア     

ジョフロアの師たち――ビュフォンとドーバントン――       

ジョフロアのデヴュー      

キュヴィエとジョフロア――共同研究者としての同僚――      

キュヴィエおよびジョフロアと博物館という環境

 

第二章 科学の立法者――キュヴィエと機能的解剖学――      

機能主義と自然分類     

経験主義と反思弁闘争     

人柄、政治力、そして信仰    

組織と地位と引き立て

 

第三章 ジョフロアと理論解剖学     

エジプトにおける知的冒険      

パリに帰ってからの慎重さ

研究計画―― 一八〇七年の論文――      

理論解剖学の受容と伝播     

ジョフロアの代表作『解剖理論』

 

第四章 戦線が引かれる―― 一八二〇~二九年――      

昆虫学者ジョフロア――キュヅィエとの最初の決裂――       

理論解剖学と人脈と――ライレイユ、オードアン、フルーラン――      

アカデミーにおける政争――ブランヴィルの選出――      

セール、「先験的解剖学」、および発生停止説      

奇形学という新科学――奇形についての理論解剖学――      

奇形進化説     

二つの異なった自然観

 

第五章 アカデミーにおける論争

論争とアカデミー会員たち      

論争の大衆化      

デュジェの妥協策      

論争は続く

論争とナチュラリストたち

 

第六章 アカデミーの外で――論争の波紋――     

一人の自然哲学者と聴衆      

論争と多様な観念の精神的、社会的な関わり合い      

論争と科学における政治

 

第七章 目的論、形態学そして進化論――論争とその後の動物学――     

解釈やら調停やら――イジドール・ジョフロア、フルーラン、ブランヴィル――

勝利を収めた理論解剖学――ミルヌ・エドヴァールと「動物生理学」――     

目的論と形態学――イギリスでの論争――      

論争およびイギリスやフランスにおける進化論


〈訳者略歴〉

西村顯治(にしむら・けんじ)

1935年 生まれる

1960年 東京大学教養学部教養学科卒業(科学史および科学哲学専攻)

1965年 同大学院生物系研究科博士課程修了(理学博士)

同年東京大学医科学研究所助手(細胞化学)

1970年  静岡薬科大学(現静岡県立大学薬学部)助教授(生化学)

1974年 浜松医科大学教授(生物学)