西欧古典に描かれた狂気

酒井明夫 著

¥2,200

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

狂気は古来よりさまざまなかたちで表われてきた。著名な文献に見られる狂気の姿は、現代精神医学の観点からどう読み解かれるか。奇怪な振舞い、並外れた暴挙、謎に満ちた言動などが引き起こした驚くべき事件の経過を辿り、その当時、後の時代の「宗教・呪術モデル」「医学モデル」での解釈を追いつつ、当該人物の置かれた環境、こころのあり方から何が読み取れるかを検証する。


 <目 次>

 

 1  ヘラクレスの泡  

 2  誇り高きアイアス  

 3  笑うデモクリトス   

 4  カンビュセス2世の暴虐  

 5  スパルタ王クレオメネスの自殺  

 6  酩酊するアレクサンドロス大王  

 7  アンティオコス1世の脈拍  

 8  カリグラの逸脱  

 9 リチャード2世の病?  

10 シャルル6世の煉獄  

11 マージョリー・ケンプの言語  

12 メアリ・グローヴァーの発作


<著者略歴>

 

酒井明夫(さかい・あきお)

1950年 福島県福島市生まれ

1976年 岩手医科大学医学部卒業

1988年 コネティカット大学医学部総合医学部門Visiting Professor

1990年 岩手医科大学神経精神科学講座助教授

1996年 同講座内教授

2001年 同教授