糖尿病と向き合う

 

 

 

―女性医師六〇年の軌跡―

 

 大森安恵 著

 定価 2,268円 [本体価格2,100円]

 

 

 

  「糖尿病は怖くない、でも無知は怖い」

 

糖尿病でも無理なく元気に普通の生活が送れる。

ただし、コントロールや治療を放置した場合の合併症の脅威を、折々の出来事に触れながら

感性豊かに伝えるメッセージ。

最良の医療を実践するため、治療・教育・研究に奮闘を続けて60年。

医師としての心意気、患者さん・医療者への提言を綴るメデェカル・エッセイ!

Ⅲ部では、死を覚悟してハーレムの診察に出立したときに見た桜から始まる桜への強い思いと

それにまつわる人々との出会いや別れを、生き生きとした筆致で軽妙洒脱に書き下ろした。

 

 

 

≪目次≫

Ⅰ 患者さんとともに

Ⅱ 医療者として

Ⅲ 桜によせて

 

 

〈著者略歴〉

 大森安恵(おおもり・やすえ)

1956年 東京女子医科大学卒業。翌年、同大学第二内科入局

1974年 同第二内科助教授。カナダのマクギル大学留学

1975年 同糖尿病センター助教授。1977年にスイスのジュネーヴ大学留学

1981年 同糖尿病センター教授。1991年より同センター所長兼主任教授

1997年 定年退職。名誉教授。

1998年 国際糖尿病・妊娠学会(IADPSG)日本代表、現在に至る

2002年 東日本循環器病院(現・海老名総合病院)糖尿病センター長

 

糖尿病と妊娠に関するわが国のパイオニアで、1985年糖尿病と妊娠に関する研究会設立、

2001年日本糖尿病・妊娠学会に改め理事長となる。

2011年から13年WHOのGDMガイドライン作成委員。

 

〔受賞〕

吉岡弥生賞、坂口賞、サムサン医学研究賞、Distinguished Ambassador Award、ヘルシーソサエティ賞

鈴木万平賞など