<改訂新版>

痙攣性発声障害

ーそのメカニズムと治療の現状

<映像音声・CD付>

 

小林武夫 編著

村野恵美・石毛美代子・牧山清・熊田政信・小林範子・目崎高広・

椎葉由佳・山崎竜一 著(執筆順)

¥3,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1

長らく原因・病態が不明なままで診断が難しく、周囲の無理解も患者を苦しめてきた痙攣性発声障害(SD)。器質的な疾患と推定され、手術やボツリヌストキシンによる治療効果が得られている。最新の成果をまとめた待望の一冊。新しい知見をもとに改訂し、喉頭所見と特徴的な音声を収録したCDを添付した。

 

自助グループ【SDの会】


<目 次>

 

序 章 痙攣性発声障害をどうとらえるか

第1章 痙攣性発声障害の名称の変遷

第2章 成因と症状

 Ⅰ.成因

 Ⅱ.症状

第3章 診  断

      Ⅰ.はじめに  

      Ⅱ. SD診断の実際  

      Ⅲ. SD類似の症状を呈する音声障害  

      Ⅳ. おわりに 

第4章  音声の評価

    Ⅰ.患者判定による主観的重症度評価

    Ⅱ. 他覚的評価            

    Ⅲ. モーラ法による評価         

   [参  考]

第5章 治  療

    Ⅰ.音声訓練――その適用と訓練の実際

    Ⅱ. ボツリヌス毒素による治療

       1.ボツリヌス毒素について     

       2.ボツリヌス毒素注射    

 

 Ⅲ. 手術治療             

第6章  患者の抱える問題

    ●セルフ・サポートグループSDの会のこと   

第7章 日本における痙攣性発声障害の罹患率

あとがき

 

 (付録)映像・音声CD

    「内転型痙攣性発声障害の声帯の動きと音声

     ――ボツリヌス毒素による治療の前と後――」

 

◎映像・音声CDの内容を、一部ご覧いただけます◎


<編 集>

 

小林武夫(こばやし・たけお)

帝京大学医学部附属市原病院耳鼻咽喉科