解剖・生理学の本

本の表紙写真をクリックすると、オンラインショッピングのページに移ります。


生きている人体

 


エスペン・ディートリクス[Espen Dietrichs]ほか著

養老孟司 監訳  後藤仁敏,増田弥生訳

定価 3,984円 [本体価格 3,689円]

 

 


タブーを打ち破り身体をダイナミックに図解!

 いきいきと活動する人体を、オール・カラーの図・写真をうまく統合した新しい手法で解説した画期的な書。からだの仕組みと働きがよく理解できる。生体の構造と機能を細胞・組織・器官・系統から全身に至るミクロからマクロのレベルで示し、内部の構造とその生命活動の過程が同時にわかる。思春期・生殖・妊娠・出産・遺伝・老化・免疫などのユニークな切り口からも描く。自分自身のからだを知るために、性教育にも最適な、学校・家庭の必備書で、医療・看護・福祉・健康科学・スポーツ関係のテキストとしても好評を得ている。

 

「監訳にあたって」より:

からだを理解するために、最良の方法は、実際のからだに当たって、それを調べることである。それがなかなかむずかしいから、常識的なことを本で読んで知る。そのために図や写真にさまざまな工夫がなされるようになる。この本を見ると、随所でその点に気づかれるであろう。図は写真を下敷きにして、それに既成の解剖の概念図を重ねている。こうした作り方は、いままでそれほど一般的ではなかった。鼻涙管の図などは、このように示してあると、たいへんわかりやすいであろう。

医学関係はもとより、生命科学に関わる分野では、ヒトの身体に関する知識は、もはやどうしても必要な常識である。一般の人にとっても、健康教育に関連して、身体に関する知識が、もっとはるかに普及していいはずである。

 

書評:

タブーや恥ずかしさを超えて、人体への関心が開かれたものになりつつある。そのような時代の流れの中で、人体を隠すところなく写真と図解で生き生きと解説した『生きている人体』が刊行された。…本書を読むと、私たち自身と私たちの社会が、いかに多くのタブーを持っているか改めて思い知らされる。  (読売新聞より )

 

詳しい目次はこちらをクリック