震災、地震対策の本

本の表紙写真をクリックすると、オンラインショッピングのページに移ります


震度7を生き抜く

 

 

― 大震災から命を守るために

 

田代明美 著  定価 1,296円 [本体価格 1,200円]

 

 

 

 

 

今年で阪神淡路大震災から22年!

地震大国日本、迫りくる日のために役立つ備えを。 

こんな防災の書はなかった! 震度7=激震とはどんな揺れなのか?

家具が宙を舞い、家屋が一瞬で倒壊する直下型地震の破壊力の恐怖。

震災当日、被災地の中で本当は何が起こっていたのか? 知っているようで知らない大震災の真実。阪神淡路大震災を経験した著者が、時系列で克明に描き出す。

「まるで大地震と避難をシミュレーションしているようだ」。

知らずして防災は出来ない。経験からの具体的防災アドバイスは、きっと命を守る術となる。

迫り来る大地震にどう備えればいいのか、家族を守るためには何をすればいいのか、その答えが見えてくる。

 

推薦:弘原海(わだつみ) 清 

[大阪市立大学名誉教授 / NPO法人 大気イオン地震予測研究会 e-PISCO(内閣総理大臣認証)元理事長

 

「激震災害の情景がありありと目に浮かび、防災への意識は確実に変わるだろう」

 

詳しい目次はこちらをクリック

著者のホームページ 地震対策ラボ


←前へ