2019年 · 2019/12/23
梅毒患者の増加で女性の感染者が増えている。梅毒が怖いのは生まれてくる子どもに症状が出ること。17世紀の英国では梅毒への感染を復讐に利用した例があった。
2019年 · 2019/10/31
マダニが媒介する感染症の種類と最近の増加。死亡例もあるが、治療法があるものとないものがある。SFTS(重症熱性血小板減少症候群)にも日本紅斑熱にもワクチンはなく、予防には肌の露出を避け防虫薬を使用すること。 欧州ではダニ媒介脳炎が急増。日本でも北海道で発生例がある。海外では予防用にワクチン接種されている。
2018年 · 2018/11/26
狂犬病は犬以外にもすべての哺乳類で感染・発症し、現在でも発病すると助からない怖い病気。日本では制圧されたが、欧米でも(森林型)、アジア・アフリカ・中南米デモ(都市型)発生し犠牲者が出ています。
2018年 · 2018/09/13
風疹による胎児の障害と妊娠時期の関係。妊娠初期は特に要注意。妊娠6ヵ月を過ぎると風疹に感染しても赤ちゃんへの障害はほぼ出ない。先天性風疹症候群(CRS)を避けるために。『知っておきたい感染症と予防接種』
2018年 · 2018/09/12
風疹の流行ー日本での風疹ワクチン接種と接種を受けていない世代。妊娠前の女性には速やかな接種を。 『知っておきたい感染症と予防接種』
2018年 · 2018/09/06
突然起こる断層型地震。本当に必要な大地震への備えとは何か?それはまず命が助かること!震度7の経験者が記す役に立つ提言。『震度7を生き抜くー大震災から命を守るために』
2017年 · 2017/08/03
感染症の経路としては水や食べ物、傷口、咳やくしゃみ、性行為や血液、病原体を保有する蚊やダニ、 ノミなどの媒介があります。 最近、新聞、TVやネットで、マダニに咬まれて北海道や大阪府で死亡者が出たという報道は衝撃を もたらしました。 マダニは家ダニより大きく葉っぱの裏など身近に潜んでいるので、庭いじりや畑仕事の際、夏休みの...
2016年 · 2016/03/15
イギリスのバーミンガムで、世界最大のドッグショー クラフツ(Crufts)が開催されたという記事 が目に止まりました。 今回、最優秀賞になったのは真っ白いウエスト・ハイランド・ホワイトテリアで、いかにも愛玩犬 という美形のイヌでした。 イギリスでは従来から犬と人間の関係が深く、動物愛護の運動も盛 んなようです。 このたび発行した新刊...
2015年 · 2015/12/14
先週はノーベル・ウィークで、日本人の2人の受賞者を中心に多くの報道が なされました。 医学・生理学賞受賞者の大村智先生は、オンコセルカ症(河川盲目症)の 治療薬イベルメクチンの開発で、ヒトオンコセルカ回旋糸条虫がメスのブユ を介して人に感染し、体内で成長して腫瘤を作ったり角膜炎で失明させたり...
2015年 · 2015/01/17
20年前の今日、未明に阪神・淡路大震災が起こりました。 地震大国とはいえ、予期せぬ強烈な揺れとその破壊力に日本中が驚きました。 しかし、『震度7を生き抜く』の著者は語ります。 「大地震は突然には来ない。これほど多くの警告を与えてくれていたのに、 私は気付くことができなかったのだ」と。...

さらに表示する