狂犬病関連書籍

小社では、狂犬病関連書籍を出版しています。

日本では唯一の出版社と言っていい程で、小社が突出する分野の一つです。

 

『ヒトの狂犬病 ―忘れられた死の病』

<復刻版> 『東京狂犬病流行誌』

 

実は、恥ずかしながら、私はこれらの仕事に関わる前は、狂犬病に関しては全くの無知でした。

狂犬病が致死率ほぼ100%の恐ろしい病気だと知り、多くの人々にこの危険性を伝えなければならないと、強く感じています。

 

アジアの国をバックパックで旅行していた経験があり、そこにいた日本人たちは野犬や野生動物に対して、かなり無防備でした。

無鉄砲な若い世代ほど、狂犬病の恐ろしさを知らないのです。

 

これだけ国際化が進んだ現代で、日本が清浄国でいられるのは、奇跡とも思えます。

行政や獣医師の方々の尽力の賜物だと思いますが、予防接種の接種率は低下傾向とも聞きます。

 

年々関心が薄れていくのかも知れません。

しかし、この脅威と闘った先人の努力を忘れず、注意喚起を続けることが大切だと思っています。