ナチスの爆撃によって失われた手術器械コレクション

手術器械の歴史』は、トンプソン博士が手術器械の発展史を包括的にまとめた本です。

古代から現代まで通史で扱われたものは、他に類がありません。

 

それを可能にしたのは、ロンドン王立外科医師会の手術器械コレクションでした。

しかし、1941年春のナチスの爆撃により、ほとんどが破壊されてしまったのです。

 

貴重な歴史遺産は残っていませんが、だからこそ本著は重要な価値を持ちます。

人類と傷病との戦い、偉大なる手技の発展史が、ここに描かれています。

 

100以上の図を収載し、歴史背景の判る解説も添えられています。

メス・穿頭器、鉗子・トロッカーなど専門的な内容ですが、興味のある方にはお奨めします。