精神医学の本

本の表紙写真をクリックすると、オンラインショッピングのページに移ります

 


数多くの精神鑑定を事例を通して見るーー

現代の様々な犯罪のかたち!

犯罪精神医学 拾遺

(はんざいせいしんいがく しゅうい)



 

 小畠秀吾 著

■192頁/定価3,024円 [本体価格2,800円]

 

気鋭の司法精神医学者の論文集

精神鑑定で精神病理と犯罪の関連を検証し、犯罪者の治療プログラムにも取り組む著者が、

事例を入れながら、多様な犯罪への考察と責任(刑罰)と治療による再犯予防の必要性を呈示。

 

詳しい目次はこちらをクリック

 


精神鑑定の第一人者による鑑定例集!

我が精神鑑定例 Ⅰ・Ⅱ

犯罪精神医学に長らく携わり、生涯に365例の精神鑑定を多掛けた著者が、学問的に重要な事例、世間を震撼させた事例を含む刑事鑑定、および遺言能力、契約能力等の民事鑑定16を加えた161例を新たに整理・編纂。

犯罪事実から家族歴、本人歴を辿り、面接・検査・試験を通じて、犯罪当時の精神状態を丁寧に解明し、鑑定結論へと至る経緯を詳細に記述した貴重な記録である。

統合失調症、躁うつ病をはじめ、今日の社会問題となっている、てんかん、飲酒による酩酊やアルコール幻覚、ストーカー犯罪、また著者が精力的に取り組んできた覚せい剤中毒や精神鑑定において重要なテーマとなる詐病の鑑定例などを収める。

精神医学、犯罪心理学、司法・警察関係者には必備!

 

 

我が精神鑑定例 Ⅰ

 

中田 修 著

■742頁/定価12,960円 [本体価格12,000円]

 

我が精神鑑定例 Ⅱ

 

中田 修 著

■570頁/定価8,640円 [本体価格8,000円]


精神医学の最重要論文を一堂に集めた画期的シリーズ!!

現代精神医学の礎(いしずえ) 全4巻

 

Ⅰ 精神医学総論 
Ⅱ 統合失調症・妄想
Ⅲ 神経心理学/脳器質性疾患・外因精神病
Ⅳ 気分障害・非定型精神病/児童精神医学/精神科治療/社会精神医学・司法精神医学
 

 

編集/松下正明 影山任佐

A5判 上製 550-650頁

今日の精神医学の土台となる重要な基本的論文を,分野別・原著の発行年順に収載。

これまで原著も入手困難で翻訳も殆どなかった貴重な第1級の原典を、一堂にまとめて紐解く

ことができる画期的シリーズ。

翻訳・解説者には、日本の精神医学界をリードしてきた第一人者が多数。

論文全体の位置づけ,現代における意義を編者が付し,示唆に富む視点を提供。

多くの症例は臨床への指針となる。

『精神医学』誌に連載された「古典紹介」シリーズを抜粋して再録。
精神医学、脳科学、心理学の関係者・関係機関にとっては待望の必備シリーズ。

 

詳しい書籍ページは、こちらをクリック

 


第I巻 精神医学総論

 

 

 

精神医学総論 


■552頁/定価12,960円 [本体価格12,000円]

 

 

【収載論文】

W.グリージンガー
「精神的反射作用について―精神疾患の本質瞥見」
J.H.ジャクソン
「神経系の進化と解体 」
A.クラマー
「発声器官の筋感幻覚」
S.コルサコフ
「Wahnsinnの急性形に関する問題について」
J.セグラ
「幻  覚」
P.ジャネ
「強迫症と精神衰弱―心理現象の階層的秩序」
E.ブロイラー
「精神病の症状のなかにみられるフロイト機制」
A.ホッヘ
「精神医学における症状群の意義について」
L.クラーゲス
「夢意識について  第Ⅱ部 夢のなかの覚醒意識」
E.クレペリン
「精神病の現象形態」
G.ドゥ・クレランボー
「精神自動症と自我分裂」
E.ミンコフスキー
「精神病理学に適用されたベルグソンの思想」
K.ビルンバウム
「精神疾患の構成」
H.クンツ
「精神病理学における人間学的考察方法」
R.アッシャー
「ミュンヒハウゼン症候群 」
付: 精神医学主要文献年表/総目次/人名総索引

 

詳しい目次はこちらをクリック


第Ⅱ巻 統合失調症・妄想

 

 

統合失調症・妄想


■608頁/定価12,960円 [本体価格12,000円]

 

 

 

【収載論文】

E.ヘッカー
「破瓜病―臨床精神医学への一寄与」
K.カールバウム
「緊張病―精神疾患の一臨床類型」
K.カールバウム
「類破瓜病について」
A.マイヤー
「早発性痴呆の力動的解釈」
P.シャラン
「不統一精神病暫定群」
H.クロード, A.ボレル, G.ロバン
「早発痴呆と類分裂病、分裂病」
K・シュタウダー
「致死性緊張病」
G.ジルボーグ
「アンビュラトリィ・スキゾフレニア」

C.ラセーグ

「被害妄想について」
C.ラセーグ,J.ファルレ
「二人組精神病あるいは伝達精神病」
M.フリードマン
「パラノイア学説への寄与」
G.バレ
「慢性幻覚精神病」「慢性幻覚精神病および人格の解体」 
J.カプグラ
「解釈妄想病」
J.ルブール‐ラショー, J.カプグラ
「慢性系統性妄想における《瓜二つ》の錯覚」
P.ジャネ
「迫害妄想における諸感情」
W.フォン・バイヤー
「同形妄想について」
G.ドゥ・クレランボー
「ふたつの妄想の共存―被害妄想と恋愛妄想」

付表:<Kraepelin疾病分類変遷表>

 

詳しい目次はこちらをクリック


第Ⅲ巻 神経心理学 / 脳器質性疾患・外因精神病

 

 

神経心理学

脳器質性疾患・外因精神病

■480頁/定価10,368円 [本体価格9,600円]

 

 

 

【収載論文】
P.ブローカ
「話し言葉の喪失-大脳の左前葉の慢性軟化と部分的破壊」
T.リボー
「記憶の病」
A.ピートル
「博言家の失語症についての研究」
R.バリント
「"注視"の精神麻痺、視覚失調、空間性注意障害」
S.コルサコフ
「多発神経炎に合併する神経障害-多発神経炎性精神障害または中毒性精神病性脳障害」
C.ヴェルニッケ
「急性幻覚症」
A.ピック
「病巣症状を基礎とした老人性脳萎縮」
K.ボンヘッファー
「外因性精神病の問題について」
K.ボンヘッファー
「外因反応型」
W.フォン・ヤウレック
「進行麻痺に対するマラリアの効果について」
H.G.クロイツフェルト
「中枢神経系の独特な一巣性疾患について(暫定的報告)」
W.クライネ
「周期嗜眠症」
H.ベルガー
「ヒトの脳波について」
H.ビンダー
「アルコール酩酊状態について」
F.マウツ
「痙攣発作素質」
E.クレッチュマー
「失外套症候群」
V.フォン・ゲープザッテル
「嗜癖の精神病理学」

 

詳しい目次はこちらをクリック


第Ⅳ巻 気分障害・非定型精神病 / 児童精神医学 /精神科治療/ 社会精神医学・司法精神医学

 

気分障害・非定型精神病

児童精神医学
精神科治療
社会精神医学・司法精神医学


■620頁/定価12,960円(本体価格12,000円)

 

 

【収載論文】

J-P.ファルレ
「循環精神病あるいはマニーとメランコリーとの規則的交替によって特徴づけられる精神病の1型について」
K.シュナイダー
「感情生活の成層性と抑うつ状態の構造」
P.シュレーダー
「変質精神病(易変性疾患)について」
K.クライスト
「循環様,妄想様,てんかん様精神病と変質精神病の問題について」
K.フォン・ゲープザッテル
「離人症問題に寄せて―メランコリー理論への一寄与」
H.ヴァイトブレヒト
「情動精神病にみる未決定の諸問題」
G.ジル・ドゥ・ラ・トゥーレット
「反響言語症および汚言症を伴う非協調運動の特徴をもった神経疾患についての研究」
L.カナー
「情緒的接触の自閉的障害」
P.ピネル
「精神病あるいは狂気に関する医学=哲学的論稿 第1版第6部 精神病者の医学的治療の原則」
A.ツェラー
「ヴィンネンタール療養所の活動,第2報―1837年3月1日から1840年2月29日まで 」
H.シモン
「精神病院におけるより積極的患者治療」
U.チェルレッティ
「電 撃」
A.シュトリュンペル
「災害患者の診断,判定および治療について」
S.J.M.ガンゼル
「特異なヒステリー性もうろう状態について」
J.レッケ
「既決囚におけるヒステリー性昏迷」
E.クレペリン
「比較精神医学」
K.ビルンバウム
「詐病と変質性基礎に基づく一過性疾病状態」
R.ガウプ
「パラノイア性大量殺人者教頭ヴァーグナーの病と死――断案」
K.ウィルマンス
「精神分裂病前駆期における殺人について」

 

詳しい目次はこちらをクリック



西欧古典に描かれた狂気

 

 

酒井明夫著

定価2,376円 [本体価格2,200円]

 

 

 

 

狂気は古来よりさまざまなかたちで表われてきた。著名な文献に見られる狂気の姿は、現代精神医学の観点からどう読み解かれるか。奇怪な振舞い、並外れた暴挙、謎に満ちた言動などが引き起こした驚くべき事件の経過を辿り、その当時、後の時代の「宗教・呪術モデル」「医学モデル」での解釈を追いつつ、当該人物の置かれた環境、こころのあり方から何が読み取れるかを検証する。

 

詳しい目次はこちらをクリック


   次へ→